還暦に喜ばれるプレゼントとは?

投稿者この記事を書いた人:店長
還暦に喜ばれるプレゼントとは?

こんにちは。六〇屋でございます。

先日の記事で「還暦祝いに贈ってはいけないNGプレゼント」をご紹介しましたが、
本日は「還暦祝いに喜ばれるプレゼント」をご紹介します。

還暦はご承知の通り60歳のお誕生日となりますよね。
満年齢、数え年の疑問を抱く方も多いかと存じますが、今の時代は「満年齢」ちょうど60歳を迎える時のお祝いをされる方がほとんどのようです。
つまり59歳11か月目くらいには準備をしましょうね。

満年齢、数え年についての詳細はこちら

還暦に喜ばれるプレゼント

さて、タイトルのとおり、還暦に喜ばれるプレゼントとはいったい何か。

60歳ともなると、職場や地域でもある程度の地位を経て、ましてやお祝いをされる方なのですから多くの人から信頼や感謝の念を向けられている方だと思われます。
そして、物欲も減り、ある程度は自分の意思で購入したり手に入れたりすることができる年齢です。そうなると、還暦の方たちは「精神の充足を求める」ようになるのです。

以下の画像は、政府統計の「心の豊かさ、物の豊かさ、どちらが大事か?」という大規模に長年調査した結果です。心の豊かさ、物の豊かさ
これを見ると、物こそが豊かさの象徴であった昭和40年代から、年々物よりも「心の豊かさこそが大事」という日本人が増えていくことがわかりますね。
過去に「モノより思い出」と広告を打った日産セレナのCMはまだ私の心に残っています。

今の時代モノが売れないと嘆く声も聞こえてきますが、統計を見る限りでも、人々はもはやモノでは無く「心が豊かになるもの」を求めているのだと思われます。

還暦を迎えたお父さんお母さんの「心が豊かになるもの」

それは「家族が揃って一緒に食事をする」事こそが一番喜ばれているのだそうです。

え、そんなこと?と思われるかもしれませんが、実はお父さんお母さん側からすれば、この「一緒に食事をする」が一番喜ばれるのです。
子供たち側からの言葉だと「お祝いをする」というの表現となるだけで、あとは、特別感を加えて

「どこで食事をするか」「いつするか」に尽きるのです。

主役に内緒で実家をパーティ会場にしてみたり、普段行かないお料理屋さんや、少し予算を掛けて温泉旅行なども兼ねて旅行先で還暦祝いをする、というご家族も少なくありません。


還暦を迎えた方たちは「家族全員が揃って祝ってくれた」事に対して心が豊かになるのです。
添えるプレゼントは、お酒お花など相手の好みの選りすぐり、ご家族が集まり、心が満たされるお祝いをして差し上げましょう。

ちなみに、お父さんが一番喜ぶのはお酒です。

実はお父さんが望んでいることは「子どもと一緒に飲み交わす」ことが一番嬉しいのかもしれませんね。(お父さんが欲しいプレゼントとは
お祝いの際には「一緒にお酒を飲む」コトを贈りましょう。

次に嬉しいのは「メッセージ・手紙」だそうです。
感謝の言葉をラベルに添えて、メッセージカードを添えられる1位と2位がピッタリと当てはまるプレゼントを当店ではご用意しておりますよ。

還暦祝いに父親の名前入りギフト、特別なお祝い酒
https://kanrekiiwai.biz/red60-n1800.html

母親への還暦プレゼントに「感謝」をこめた贈り物
https://kanrekiiwai.biz/sui.html

メッセージカードも無料です!
https://kanrekiiwai.biz/ship/messagecard.html

他にも還暦プレゼントを探すなら[トップページ]
https://kanrekiiwai.biz/


還暦読み物還暦祝いにまつわるお話-新着記事-

2月25日15時30分までのご注文は

225日(土)から発送可能です。

即日発送についてのご案内

今年(2017年)還暦の方は195年(昭和32年)生まれです。

2017年に60歳を迎える方は1957年(昭和32年)生まれです。

還暦祝いの名入れプレゼントは即日発送可能

還暦名入れ酒グッドデザイン賞受賞

還暦祝い用名入れ酒のよくあるご質問

記念日新聞の休刊日検索

メッセージカード無料

60年前の新聞を見てみよう

還暦祝いの名入れ商品は全国送料無料

還暦祝いの名入れプレゼントは電話でも注文可能

還暦祝いの名入れプレゼントはFAXでもご注文可能

会員募集中

営業時間について

【営業時間】平日9:30~18:30

日・祝日はお休みをいただいております。

定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。

お電話については、休日や夜間は転送にてスタッフに繋がります。携帯電話への転送のため、出られない場合がございます。その際はお時間を改めてお掛け直しいただくか、留守番電話にメッセージを残してください。折り返しお電話を差し上げます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

60年前の新聞を見てみよう