記事一覧

還暦プレゼントの定番「ちゃんちゃんこ」赤色の他にピンク色も人気です

投稿者
還暦プレゼントの定番「ちゃんちゃんこ」赤色の他にピンク色も人気です

こんにちは!六〇屋スタッフの澤田でございます。

今年のお盆もあっという間に過ぎてしまいました。当店のある新潟では、長く雨が降ったなあと思ったら猛暑日が続き、また雨が降りの繰り返し。予定を立てるところからも暗雲が垂れ込める中、行楽に出かけられた方は色々と大変だったかと思います。

還暦祝いのプレゼントで多くのお客様を「幸せにしている」と自負する六〇屋でもお盆時期は繁忙期でございます故、たくさんのご注文をいただきました!ありがとうございます!これには、帰省シーズンが関係しており、お盆、お正月、連休など、ご家族が集まる時期に多く六〇屋のプレゼントに多くご用命をいただいている訳にございます。

ご実家のお父様お母様が還暦を迎える年なので、親戚の皆で集まってお祝いをした!というお客様も多くいらっしゃいました。ご家族や親戚の皆様が一同に会する席で、「最高に素晴らしい思い出になりました!(ご投稿レビューより)」と、購入された方よりお喜びの声をいただけた事にスタッフ一同大変嬉しく思います。

還暦祝いのプレゼントをご購入された方のご感想

還暦プレゼントの定番「ちゃんちゃんこ」

また、帰省に合わせて同窓生で集まり、先生や恩師の方のお祝いをしました、というお声もいただきました。ご好評いただいた中でも、写真映え(インスタ映え?)する「ちゃんちゃんこセット」は群を抜いて人気でした!還暦お祝いの定番“赤いちゃんちゃんこと大黒頭巾”をまとい、自分の名前入りの赤瓶を持った主役を囲んでの集合写真は、きっと一生の思い出になること間違いなしです。

当店のちゃんちゃんこは高品質の日本製!

ところで、そのちゃんちゃんこですが、最近では価格のリーズナブルなものから高級志向までお値段に差があり、消費者さんはどれが良いものなのか、きっと迷われていることと思います。当店取り扱いのちゃんちゃんこは安心の「日本製」で京都から仕入れており、亀甲鶴(綸子)のおめでたい柄、しっかりとした厚手と中綿で高級感のある生地で作られております。また、職人がひとつずつ検品しており、ロットナンバーと検針済みの押印もタグにされております。恰幅の良い男性から細身の女性まで着られるフリーサイズでたいへんご好評いただいております。

お母さんへの還暦プレゼントにおすすめ!「ピンクちゃんちゃんこ」

また、最近の傾向としまして「赤はいかにも還暦だから恥ずかしいわ」と仰る全国のお母様向けに「ピンクのちゃんちゃんこ」を贈られる方も増えています!光沢があり、羽織るととても若々しくかわいらしい印象になります。(※ちゃんちゃんこにはしつけ糸がついています。ご注文時にしつけ糸は不要とお伝えいただければお取りしてお届けもできます。もちろん贈り物用に熨斗やメッセージカードもお付けできますよ)

これからの時期は「敬老の日」や「退職記念」向けのご注文もお受けしております!今年の敬老の日は、9月18日の月曜日です!週末から敬老の日にかけて3連休という方もいらっしゃると思いますが、お父様・お母様、またはおじいさま・おばあさまを労って、お祝いの席をご検討いただき、是非六〇屋の贈り物を思い出していただけたら幸いに存じます^^

ラベルには家紋や写真・イラストをお入れしたり、発送前にラベル画像の無料確認サービスございます。(その際修正も可能!)贈り物のご相談も承りますので、お気軽にご連絡くださいませ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • 関連記事
還暦祝いにまつわるお話-新着記事-
還暦祝いについてもっと詳しく

4月24日15時00分までのご注文は

424日(火)から発送可能です。

即日発送についてのご案内

2018年に還暦の方は1958年(昭和33年)生まれです

還暦祝い用名入れ酒のよくあるご質問

記念日新聞の休刊日検索

メッセージカード無料

還暦祝いのご注文はFAXでもOK

還暦祝いの名入れプレゼントは電話でも注文可能

60年前の新聞を見てみよう

法人様からのご注文は請求書払い可能

当店の営業日について
営業時間について

【営業時間】平日9:30~18:30

日・祝日はお休みをいただいております。

定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。

お電話については、休日や夜間は転送にてスタッフに繋がります。携帯電話への転送のため、出られない場合がございます。その際はお時間を改めてお掛け直しいただくか、留守番電話にメッセージを残してください。折り返しお電話を差し上げます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

会員募集中

60年前の新聞を見てみよう

TOP