こんにちは。六〇屋でございます。

多くの人が迷ってしまう還暦祝いのプレゼント。本日はそんなプレゼントの中でも 「還暦に贈ってはいけないプレゼント」にスポットを当ててみましょう。

皆様もきっと贈り物をする際は相手の喜ぶ顔を想像しながらプレゼントを選んでいる事でしょう。実際私もそのつもりで探すのですが、いつのまにか「喜ぶ顔」が「驚く顔」に脳内で変化し、「ウケねらい」や「サプライズ」色を強くしてしまってしょうもないものをあげてしまった事が多々あります。友だちなら構わないんですけどね。

還暦や古希、結婚のお祝いなど「特別な」プレゼントの場合、物によっては相手を不快な思いにさせてしまうこともあります。ここは気をつけないと。

還暦に贈ってはいけないプレゼント

それは 「年寄り扱いしたものはすべてNG」とされています。

老眼鏡や補聴器、杖など便利であっても喜ばれるものではありません。還暦といえばだいたいの物を自分で手に入れることができる年齢ですし、まだまだ現役の方が多いです。そういった場合は、スポーツウェアなどアクティブなイメージに切り替えましょう。

仕事に使う道具なども避けましょう。例えばサラリーマンの男性であれば鞄や時計などは、これからずっと働くのかという気持ちにさせてしまいますし、鍋や掃除用具などの家事の道具は、女性に贈るとしっかり家事をしろと言われているような印象を与えてしまいます。

また、還暦なので「赤いもの」と考えがちですが、身に着けるものの「赤色」は熟考が必要です。以下は実際のお客様のからいただいたレビューです。

nurseman beanさん
30代 男性購入者

今回は「還暦祝い」と言うことだったのですが、母の場合、 赤色に関する物(例えばストールや洋服etc.)をプレゼントすると「60歳です!って言いながら歩いているみたいじゃない」などと言う事は目に見えていました。何をプレゼントするか迷っていてネットで検索していたら、この商品に出逢うことができました。お酒が好きな母は、とても喜んでくれました。桐箱に入っていることにより、高級感を感じることも出来ましたしね。更に「誕生日の日の新聞」この粋な計らいが素晴らしいと感じました。

ここでの注目ポイントは、「赤色=還暦」が定着しているので気をつけよう、です。特に派手な赤色は、身に着けるものだとしても、 「還暦祝いでもらったのかな?」と思われるような物は持ちたくないのが本音です。赤色とギフトを掛けるにしてもひとひねりしましょう。

他にも、以下のようなものがあります。

・靴、下着、敷物
踏んだり、敷いたりするものは「あなたを踏んでいく」「下に見ている」というメッセージを含んでいますので、一般的なマナーとして避けておきましょう。

・文房具、かばん
文房具やかばんは「勤勉であれ」という意味が込められています。部下や子どもの成人のお祝いなどによく贈られているのはこのためです。 贈り物の定番として選択肢に上がますが、目上の人に贈るのは失礼にあたります。

・ハンカチ
ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書き、手ぎれ→手切れ、縁切れと結びつくとされているため、贈り物には相応しくありません。

・日本茶
日本茶など、弔事の際の贈り物として使われることが多いものも避けておくべきでしょう。

・現金
もしかしたら嬉しい人も多い現金ですが、お金は「今後の足しに使ってください」といった意味が込められていますので、目上の人へのプレゼントには向きません。

このあたりを考慮してプレゼントを選びましょう。では、還暦祝いのプレゼントに喜ばれるものとは? 次回のブログにて。