60歳は男女共に厄年、赤いプレゼントで厄払い

実は厄年の「60歳」、全国の還暦振る舞い

長寿祝いの中でも、年齢が若いだけに慣習としての誕生も早い還暦祝い。日本全国に目を向ければさまざまなお祝いのかたちがあります。

「祝い」と呼ばずに「振る舞い」を付けて「還暦振る舞い」と呼ぶのも、そうした地方色豊かな長寿祝いのかたちです。しかも、この還暦振る舞いは、全国各地に散見できます。

では、なぜ「祝い」ではなく、「振る舞い」なのでしょう。

これは、60歳という年齢に対する考え方に理由があります。「還暦」や「本卦(ほんけ)帰り」は暦の一回りであり、数え年61歳の称である「華甲」は縁起の良い文字を選んだ結果の呼称です。実はこうした考え方とは別に、60歳を特別な年齢ととらえる習慣が古くからあるのです。

それは「厄」という考え。「厄」と言えば「厄年」、男性の場合は数え年42歳、女性の場合は数え年33歳。確かに、こちらのほうがよく話題にされます。しかし、実のところ人生には数回の厄年があり、その中でも大厄とされるのが42歳と33歳というのが正解。

還暦と同時に厄年を迎える祖父母

男女ともに60歳は「厄年」なのです(女性の60歳に関しては地域や宗教の違いがあるようです)。もっとも、厄年の正しい考え方からすれば数え年の60歳が厄年ならば、満年齢は59歳では…?そうですね。疑問もごもっともです。

還暦と同時に厄年を迎える祖父母

男女ともに60歳は「厄年」なのです(女性の60歳に関しては地域や宗教の違いがあるようです)。もっとも、厄年の正しい考え方からすれば数え年の60歳が厄年ならば、満年齢は59歳では…?そうですね。疑問もごもっともです。

しかし、昔は長寿祝いもまた数え年で行うもの、すなわち還暦祝いもまた数え年の60歳で行っていたためにちゃんと一致するのです。そして、この「厄年」の考え方から発生したのが還暦祝いの一つのかたち、すなわち「振る舞い」というわけです。

「振る舞う」ことで厄落とし

「還暦祝い」と「還暦振る舞い」では、どう違うか。実のところ、この2つに明確な定義分けや分類分けがあるわけではありません。

ただ、「還暦祝い」の場合には、(長寿を祝ってもらう立場の)主役はお祝いを受け取るという受け身の立場であるイメージが強く、実際にそうしたスタンスでお祝い会などが行われるのではないでしょうか。むしろ、それが普通のかたちで、今時風の表現をすれば、主役に対する“サプライズ”も、こうした考えのもとで企画されたりするものでしょう。

これに対し、「振る舞い」はその多くの場合が“主役が周囲に働きかける”かたちで行われます。つまり、主役=主催者。すなわち主役がお客に対して食事やお酒などを「振る舞う」わけです。では、なぜ、祝われる立場の主役がこうしたもてなしをするのでしょうか。

ここで「厄」の考え方が出てきます。

60歳の男性が厄払いとして振る舞う食事

もともと「厄年」の際には「厄祝い」「厄払い」と称し、親類縁者やご近所の方々を招いての宴の催す習慣が昔からあります。これには、自分の「厄」を宴に参加した人々に少しずつ持ち帰ってもらい、「厄年」の災いを軽減しようという発想があります。そして厄を引き受けてもらうお礼に酒食やお土産を提供するわけです。この「厄祝い」「厄払い」を(男性の厄年の)60歳にも、厄年祝いとしての「振る舞い」をしようというのが「還暦振る舞い」というわけです。

60歳の男性が厄払いとして振る舞う食事

もともと「厄年」の際には「厄祝い」「厄払い」と称し、親類縁者やご近所の方々を招いての宴の催す習慣が昔からあります。これには、自分の「厄」を宴に参加した人々に少しずつ持ち帰ってもらい、「厄年」の災いを軽減しようという発想があります。そして厄を引き受けてもらうお礼に酒食やお土産を提供するわけです。この「厄祝い」「厄払い」を(男性の厄年の)60歳にも、厄年祝いとしての「振る舞い」をしようというのが「還暦振る舞い」というわけです。

そのため、還暦振る舞いの場合は男性のみに限定されてきた例が多く、現在でも男性だけの行事に限っている地域もあります。しかし、男女平等の考えから、現在では性別を問わない「還暦祝い」として行う地域も増えてきているようです。

赤いプレゼントで魔除けと厄払い

数え年で61歳の厄年は、偶然にも還暦と同じ年です。

厄年で怪我をしたおばあちゃん

“厄年は迷信”と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、それぞれの年齢の頃に社会的に変化があったり、体調が変わってくる年でもあり、色々なことが起こりやすいため、昔の人たちの経験で『今年は注意が必要ですよ』と言われる年齢が厄年になったといわれます。

厄年で怪我をしたおばあちゃん

厄年とは迷信と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、それぞれの年齢の頃に社会的に変化があったり、体調が変わってくる年でもあり、色々なことが起こりやすいため、昔の人たちの経験で『今年は注意が必要ですよ』と言われる年齢が厄年になったといわれます。

厄年から、60歳という年齢が人生の大きな節目であることがよくわかります。魔除、厄払いをする還暦も重要な行事の一つになって、生活の仕方や、身体に注意を促しているのではないでしょうか。

60歳を迎える還暦の定番といえば「ちゃんちゃんこ」。「還暦の赤頁」でもご紹介していますが、魔除けの効力があるといわれる赤色のちゃんちゃんこをプレゼントし、派手にお祝いをして、厄を払うのもいいのではないでしょうか。

十干十二支、60年で一巡してもとの干支

還暦祝いとは、満60歳を迎えたことを祝う長寿祝いのひとつです。

十二支

還暦とは十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」と十干(じっかん)「申・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・葵」が組み合わされたものがもとになっています。十干の組み合わせからなる干支が“60年で一巡してもとの干支に還る”ことからきており、暦が還ると書いて「還暦」と言われてます。

十二支

還暦とは十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」と十干(じっかん)「申・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・葵」が組み合わされたものがもとになっています。十干の組み合わせからなる干支が“60年で一巡してもとの干支に還る”ことからきており、暦が還ると書いて「還暦」と言われてます。

還暦を迎えられた方は新しい暦を刻むための出発点に立ったことになり、60年の大きな節目を祝うだけでなく、新しい門出をも祝う誕生日を迎えた、ということでもあります。この習慣が昔から大切に伝えられてきたこともうなずけますね。

干支について

  • 十二支「子」

    | “孳”で、陽気が色々に発現しようとする動き

  • 十二支「丑」

    | “紐”で、生命エネルギーの様々な結合

  • 十二支「寅」

    | “演”で、形をとっての発生

  • 十二支「卯」

    | 同音“冒”に通じ、開発の意

  • 十二支「辰」

    | “震”、同音“申”に同じ、生の活動

  • 十二支「巳」

    | “已”に通じ、陽盛の極、漸く陰に移ろうとする所

  • 十二支「午」

    | “忤(さからう)”に通じ、上昇する陰と下退する陽との抵触

  • 十二支「未」

    | “昧”で、陰気の支配

  • 十二支「申」

    | 陰気の支配

  • 十二支「酉」

    | 酒熟して気の漏れる象。陰気の熟する所

  • 十二支「戌」

    | 同音“恤”であり、“滅”である。統一退蔵。

  • 十二支「亥」

    | “核”で、生命の完全な収蔵含蓄

還暦読み物還暦祝いにまつわるお話-おすすめ記事-

3月23日15時30分までのご注文は

323日(木)から発送可能です。

即日発送についてのご案内

今年(2017年)還暦の方は195年(昭和32年)生まれです。

還暦祝いの名入れプレゼントは即日発送可能

還暦祝い用名入れ酒のよくあるご質問

記念日新聞の休刊日検索

メッセージカード無料

還暦名入れ酒グッドデザイン賞受賞

60年前の新聞を見てみよう

還暦祝いの名入れ商品は全国送料無料

還暦祝いの名入れプレゼントは電話でも注文可能

還暦祝いの名入れプレゼントはFAXでもご注文可能

会員募集中

営業時間について

【営業時間】平日9:30~18:30

日・祝日はお休みをいただいております。

定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。

お電話については、休日や夜間は転送にてスタッフに繋がります。携帯電話への転送のため、出られない場合がございます。その際はお時間を改めてお掛け直しいただくか、留守番電話にメッセージを残してください。折り返しお電話を差し上げます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

60年前の新聞を見てみよう