還暦祝い専門店|プレゼント・贈り物に喜ばれる還暦ギフト

名入れ商品は月~土曜の午後3時までのご注文で即日発送可能!

お問い合わせ 025-211-3733

(月~土曜:午前9時30分~18時30分)

発送日について

11月13日15時までのご注文は 11月13日(水)から発送可能です。※商品によっては発送日が異なる場合がございます。

価格帯から選ぶPRICE

お父さん・男性に贈る還暦祝い

お父さんの名前を威風堂々、ラベルに記載。「俺の名の冠したお酒があったのか!」と思わず笑顔に。

お祝いの席にはお料理と最高のお酒で晩酌を。家族に囲まれた一家の大黒柱のお父さん。人生の節目に飲んでほしいと造られた還暦のお祝いギフト、人気No.1の名前入り日本酒!

お父さん向けの還暦プレゼント商品をもっと見る

お母さん・女性に贈る還暦祝い

お母さんには「いつもありがとう」の感謝をこめて^^ワクワクするラッピングにメッセージ入りジュース

可愛いギフトラベルには「日頃の疲れを癒やしてね」の想いを込める方に圧倒的に人気です。お母さんにとっての記念日の新聞は「結婚記念日」も密かに人気!還暦を過ぎてもまだまだ若いお母さんへ。

お母さん向けの還暦プレゼント商品をもっと見る

上司・恩師に贈る還暦祝い

上司や恩師には、入社日の新聞もおすすめ!職場の皆から贈るお祝いプレゼント

厳しくも優しくもあり頼りになる上司の還暦お祝い。新入社員の頃の話にも花が咲く入社日の新聞付きギフトは感謝のラベルと法人特有の遊び心が人気です。

上司向けの還暦プレゼント商品をもっと見る

お客様からたくさんの
お喜びの声をいただいております。

唯一のプレゼントが贈れて、本当によかった

日本酒が好きな兄の「還暦祝い」として、初めて購入いたしました。

○酒どころ新潟のお店であること、
○オリジナルラベルが作れること、
○還暦にちなんだ赤の風呂敷での梱包法
などが決め手となりました。

注文後、ラベル記載内容の変更を二度もしてしまい、お手数をおかけいたしましたが、その都度、大変丁寧に対応してくださり、ありがとうございました。

お正月、親族と集まり新年会をした際、サプライズで「還暦祝い」をしました。兄は、思わぬプレゼントに驚き、喜んでいました。オリジナルラベルだと知ると、親族たちも興味津々で、メモリアル新聞の話題でも盛り上がりました。

還暦祝いに何を贈ろうか?とても迷っていましたが、八百萬屋さんのおかげで、記念日にふさわしく、また、唯一のプレゼントが贈れて、本当によかったと思います。ありがとうございました。

どこよりも一番対応が素晴らしかったです

注文後すぐにメールがきて、ラベルの仕上がりを注文前に確認したいとの要望にも迅速に対応してくださり、電話での対応もメールもとても丁寧で感じが良く、どこよりも一番対応が素晴らしかったです。ぜひまた利用したいと思います。
メモリアル新聞付きに感動して、即注文しました。父の反応が今から楽しみです。

商品の配送にワクワクしながら当日を待ちました。

初めての購入で、少し不安ながらもネット予約しました。注文欄に不足があり直ぐに担当の方からメールが届きました。丁寧に分かりやすい文章に早速返信したところ、再度心のこもった返信が届き、商品の配送にワクワクしながら当日を待ちました。

そして当日、発注時に依頼した通りのシチュエーションで、祝いの席に届きました。「開けてびっくりし、2回目の乾杯がしたい。」と言うそのままの場面になりました。そしてあまりの豪華さに家族一同感激しておりました。 今回は還暦祝いのプレゼントをお願いして本当に良かったと思っております。誠にありがとうございました。

レビューをもっと読む

還暦祝いのプレゼントおすすめ商品RECOMMEND

還暦祝いの疑問を一発解決!還暦祝いのQ&A

  • Q1.還暦って何?

    A1.60歳のお誕生日を還暦といいます。生まれ年の干支が60年で一周する事(組み合わせが60通りある)から、暦(こよみ)が還(かえ)る」意味で、60年目の誕生日を「還暦」と呼んでいます。

  • Q2.お祝いに作法やマナーはあるの?

    A2.地域によって多少異なりますが特に決まった作法はありません。形式、儀式、作法細かい事はございません。60歳の記念となるお誕生日ですので、喜ばせてあげましょう。

  • Q3.お祝いはいつするの?

    A3.還暦といえどもお誕生日は人それぞれです。週末でもいつでもOK。大勢が集まる日を作って盛大に祝いましょう。大型連休やお盆、お正月はお祝いされる方が特に多いようです。

  • Q4.満年齢?数え年?どっちでお祝いが正しいの?

    A4.現在は満60歳を迎える際にお祝いをされる方がほとんどです。つまり、60歳を迎えるお誕生日当日が還暦の日になります。昔(昭和30年頃まで)は数え年でお祝いをしていたようです。

  • Q5.そもそも数え年って何?

    A5.生まれ年を「1歳」とし、新年を迎えるごとに年を重ねる数え方です。(数えだと61歳が還暦)昔は誕生日の概念がなかったため、お正月に年を迎えると同時に+1歳と数えていました。

  • Q6.なんで還暦は赤色なの?

    A6.赤色には神社の鳥居などに見られるように厄除け、魔除けの意味があります。60歳はちょうど厄年でもあり、災いを無くすための意味と、干支が一周して赤ちゃんに還るという語呂合わせです。

  • Q7.ちゃんちゃんこを着る理由を教えて。

    A7.縁起の良い物、厄除け・魔除けの赤色、そして赤ちゃん還り(60年で干支が還る)の意味から還暦に着るものとなりました。厄年の60歳には「これを着て無病息災」を願うのです。

  • Q8.贈り物の相場、プレゼントの金額の平均額を教えて。

    A8.5千円~5万円と幅広く、還暦祝いのプランも、親、友人、会社関係など相手別で異なったり、旅行や外食を含めると平均も上がります。品物だけでは平均27,300円とのアンケート結果があります。

  • Q9.プレゼント選びの注意点は?

    A9.還暦といえども現代ではまだまだ現役で働いてらっしゃる方がほとんどです。隠居扱い、お年寄り扱いを避ければOKです。あとはお相手が喜んでくれそうなものを考えましょう。

  • Q10.人気のプレゼントを教えて!

    A10.お祝いの言葉や感謝のメッセージを添えた実用的なものが喜ばれているようです。自分ではなかなか買わない良質な物(例えば日用品の伝統工芸品など)は喜ばれます。当店の名入れ酒もかなり人気です。

LINEでもお問合せ承ります