みなさん、こんばんは。還暦祝いの専門店の六〇屋でございます。

暦の上では立秋を過ぎておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

当店のある新潟もまだまだ秋の気配すらなく、また最近では台風が一度に三つも縦断したおかげで各地で大雨と急激な気温上昇でまいってしまいますね。それでも感覚としてお盆を過ぎると夏から秋への準備を肌で感じませんか?テレビや雑誌の広告やファッション系のお店など、少しずつですが秋めいてくるからでしょうか。まだまだ夏のレジャーを楽しめる時期ですが、空を見上げてみれば巻雲など秋の雲も見えますよ。夜には秋の虫の音色も楽しめ始めます。

さて、立秋を境に贈り物やご挨拶は「残暑見舞い」に変わります。このあたりが結構地域や季節などでマチマチで皆さん迷われるのではないでしょうか。

お世話になっている人へ、感謝の気持ちを込めて贈る夏のご挨拶。早めに贈っておけば間違いないということで「お中元」として贈り物をされる方がほとんどだと思いますが、お中元はそもそもどんな意味なのでしょうか。

贈り物マナー|お中元はいつ贈る?

お中元は一年の上半期の区切りの意味で、6月下旬~8月上旬までの期間にお世話になっている方へ行う贈りもの。贈る時期は地方によって期間にずれがあるようですね。

・関東地方:7月初旬から15日頃まで
・関西以西:8月初旬から15日頃まで

それ以降は「暑中御見舞」となります。

また、 目上の方へ贈る場合は、「暑中御見舞」・「残暑御見舞」ではなくて 「暑中御伺い」「残暑御伺い」となります。

さて、それでは一体誰に贈るべきなのでしょうか?

一般的には順に「両親」「親戚」「上司」「兄弟」「仲人」など統計的に言われておりますが、現代では、季節的なイベントととらえて、親しい人への感謝の気持ちを表現する機会のひとつとして捉えられていますね。気になるお値段も、3,000円台、5,000円台が主流で多い中、飛び越えて10,000円のものを贈られる方も多くなってきているようです。

米糀の甘酒はビタミンや必須アミノ酸、食物繊維が豊富に含まれていて、「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価の高いお米の発酵食品です。江戸時代の頃より、夏バテには麹を飲んで過ごしてきました。残暑厳しい今の季節にも贈答品として人気です。古町糀製造所の糀ドリンクは保存料や添加物も一切使わずに作られているので、健康を気遣う方への贈り物、プレゼントとしてもおすすめです。

最後に、当webショッピングサイト「六〇屋」は還暦祝いに特化したサイト作りとなっております。

8月のお誕生日のお父様お母さまがいらっしゃる方、プレゼントのご用意はお済ですか?当店は名入れのギフト、還暦祝いのプレゼントは即日発送も可能です。お急ぎ便も対応していますよ。

即日発送!還暦祝いのプレゼント

何かご不明な点があればお電話でお問い合わせくださいませ。
TEL:025-211-3733